泉卓真氏が社長のいずみホールディングスは食品業界を変える

写真

泉卓真氏が社長のいずみホールディングスは食品業界を変える

食と収益というのは意外と結びつかないという人も少なくありませんが、慈善事業ではなくビジネスで事業展開をしている以上収益というのはシビアに考えなければいけません。
特に生産者は長期間かけて商品を作っているだけに、それがモチベーションに直結します。
そのため、食品の収益構造には強い注目が集まることがあります。

しかし、食品流通はこれまで中間業者が介在することによって発生するコストが大きな問題となっていました。
中間業者を介在させることによって流通を円滑に進めることが日本の食品流通の常識となっていましたが、これではコストが生産者の手取りを減らしてしまいます。
さらには消費者の食費も増えてしまうため、気軽に食品を手に取るということも難しくなってしまっていたのです。

ここの鋭いメスを入れたのが泉卓真氏率いる株式会社いずみホールディングスです。
こちらでは独自の物流システムを完成させており、今までは中間業者を介在させなければいけなかった流通を一元管理することが出来ます。
こうすることによって価格の上昇を防いで生産者の手取りを増やすことが出来るのです。
さらに膨大なネットワークから飲食店や量販店、地方自治体や企業などのプラットフォームとなり、情報を相互に提供させることも行っているのです。

https://www.oneplat.co.jp/newsrelease200828