車業界は外資系も熱い

写真

車業界は外資系も熱い

車では世界をリードしている日本ですが、日本国内では海外ブランドや海外メーカーへのあこがれを持つ方が少なくありません。
外資系の車業界関連企業は、日本車メーカーとのタイアップや、振興するアジアや東南アジア市場への拠点として日本に支社や営業所、代理店などを置く企業が少なくありません。
つまり、外資系で働きたい方は海外勤務とはいわずとも、日本でも働くチャンスがあります。
家族との関係で海外赴任が難しい方や、海外メーカーやブランドには憧れるものの海外での生活には不安がある方も、国内採用で入社することも可能です。
もっとも、英語力は多少はあったほうがいいでしょう。
顧客や取引相手が日本人であれば、英語はできなくても採用されないということはありません。
ですが、企業内のトップをはじめ、英語が飛び交う会社でありますので、最低限のビジネス英語力があるほうが働きやすいです。
勤務してから、より高みを目指したい方や、海外赴任をしたくなった際にも英語力を磨いておくといいでしょう。
もちろん、入社してからでも、ワークライフバランスが整っているので、英語を自分で勉強していく時間もとれます。
最初から海外勤務を希望して、語学力を武器に面接を受けるのもありです。