注目されるオルソケラトロジー

写真

注目されるオルソケラトロジー

視力を回復させる方法では眼鏡、コンタクトレンズが一般的ですが、今は眼科の治療もさらに進化し、裸眼の視力が回復できる時代となっています。
特に有名な治療としてはレーシックがあげられ、この治療を行うとかなり視力が回復し、眼鏡やコンタクトレンズの必要もなくなるともされています。
そして、治療の効果は個人差があり、かなり改善する人もあれば、思ったように視力が回復しない、回復した視力が落ちてしまったなどという場合もあります。
手術はメリットだけではなく、リスクも伴いますので、いまひとつ思い切れないという方もあるのではないでしょうか。
手術に抵抗があるという場合はオルソケラトロジーを検討してみてはいかがでしょうか。
こちらは手術の必要がなく、特殊なコンタクトレンズの装着で視力の回復を目指すというものです。
まだ新しい治療というイメージがありますが、すでに50年以上の歴史があり、世界でも広く行われている治療です。
この治療で使われるコンタクトレンズは通常のレンズとは違い、寝る前につけ、そのまま就寝することが特徴的です。
寝ている間に角膜の形が変わり、日中は裸眼でよく見えるようになります。
装着を中止すれば、角膜を元の状態に戻すこともできます