効率的な試験対策のカギは講義と教材

写真

効率的な試験対策のカギは講義と教材

キャリアアップのために公認会計士の資格を取得しようとする人が増加傾向にあります。
何故なら、資格取得によって年収が上がったり働きやすさを手に入れることが出来るからです。
また、景気の影響を受けにくい仕事のため、その年収や働きやすさが簡単に失われにくいいうメリットもあります。
しかし、資格取得は難しく、働きながら勉強をするという環境ではさらに難易度が上がります。

CPAは平均合格率が10%ほどの公認会計士試験において平均を37%と大幅に上回る合格率を記録しています。
その秘密は分かりやすい講義と教材です。学習範囲が広い会計系資格はとにかく暗記一辺倒になってしまいがちですが、こちらは覚える上でも非効率なだけでなく難解論説に当たったとき、途端にパニックになってしまいます。
しかし、CPAは考え方を押さえて理解をすることを前提に講義が進められるため、知識が定着しより深い理解をすることが出来るのです。

また、テキストでは初学者でも難解論説に迷うことが無いよう、図や表を多く取り入れています。
このようにビジュアル的に体系化することでイメージが付きやすくなり、頭の中で整理がしやすくなるのです。
さらに設例も具体性に富んでおり、各論説についての理解を深めることが可能になります。
このように、ひとつひとつを分かりやすく丁寧に解説する仕組みが出来ているからこそ、高い合格率に繋がるのです。

詳しい情報はコチラから